2020年06月26日

安城市の古本出張買取は、戦記や歴史の書籍や大型本を買取しました。

梅雨空のせいかな~?、この所腰の調子が良くなくて今は腰に巻くサポーターを付けて仕事に励んでいます、仕事のしすぎかな~^^なんて思っていますが、そうでは無くて季節病なのかもしれません、亀さんの古本出張買取のブログは亀のつぶやきの後です^^。

社員と話しをして居たら、雨やドン曇りのような日には私も同じような状態になると、色々と休憩時間に話をして居るとチョット気が晴れましたね~、でもギックリ腰などは重たい荷物を持った時では無くて、チョット体制を崩した時になりますから^^用心用心です。

昨日の朝は九州長崎地方に大雨警報が出ていました、ニュースを聞いていると梅雨の終わり頃のような雨だったと言っています、線状降水帯が出来て1時間の降水量が大変な事になっている様です、この雨は今日も降り続くと言っていますので大きな災害にならない事を願っています。

もう一つ気がかりなのが新型コロナウイルスの感染の影響ですね~、災害が起きれば避難をしますので3密になる状況は避けたいです、特に関東地方は今新型コロナウイルスの感染の影響者が多く出ています、政府や行政では第2波では無いと言っていますが、クラスターが企業にも出て来ていますのでチョット怖い気がします。

先週より他府県への移動規制が大きく緩和されましたが、それに規制されていたバーなどの飲み屋さんの規制解除が効いていますね~、感染経路が分かっていても感染者は分からずに飛沫を吐き新型コロナウイルスを広げています、今の対策状況で良いのでしょうか、まだまだ気を緩める状況ではない様な気がします。

亀さんの忘れた頃に買取ブログを書く^^亀のつぶやきで~す、今回お伺いさせて頂いた古本出張買取は愛知県の安城市のお客様です、お電話を頂いた時にお客様からお聞きしていた古本の内容は、戦記物や歴史関係の書籍や文庫などとお聞きしてお伺いをする事に。

安城市はその昔日本のデンマークと言われていた所です、確かに私がまだ20代の頃は農業の盛んな所で水田が遥かかなたまで続いていましたね~^^、今はというとマダマダ農業も盛んですが、トヨタ関連の工場が多く進出していて住宅も多く出来ています、若い頃の面影は^^今はありませんが大きく発展した所ですね~。

当社からは近く30分程でお客様宅にお伺いさせて頂きました、古本を見せて頂くと戦記関係の古い書籍や歴史書なども多く有り査定、関連の文庫本や新書本も有り買取させて頂きました、書籍以外にも写真にあるような大型本やムック画集などの雑誌類も多く有り買取をさせて頂きました、ありがとうございました。

買取出来なかった情報誌や文庫書籍など有りましたが、お客様から処分して欲しいとの事でしたので、全量引きとり処分させて頂きましたありがとうございました、帰り道が夕方になり知立バイパスを北上すると渋滞に、ひと月前は夕方でも交通量が少なめでしたが、今はコロナ以前の状況に戻っていますね~^^、良い事だと思いますが渋滞が無い時が懐かしいです。

古書古本の出張買い取り
出張費/査定料/本の処分まですべて無料
お問い合わせはこちら
tel:0120758543